エクスレッグスリマーを長持ちさせる洗い方

エクスレッグスリマー

エクスレッグスリマーを長持ちさせる洗い方

エクスレッグスリマーは、手洗いは可能です。ストッキングによっては手洗いでなく専門的な洗濯が必要な事もありますが、エクスレッグスリマーは問題無いのです。洗浄方法などは一般的なストッキングと同様で、注意点もほぼ同じです。

 

エクスレッグスリマーを洗う具体的な手順

 

洗い方の手順ですが、まずは桶などに水を入れます。それでエクスレッグスリマーを簡単にすすいだら、改めて石鹸を加えて手洗いします。それで石鹸が残らない程度まですすいで、エクスレッグスリマーを絞ります。
そしてシワを伸ばして、通常通りに乾燥します。ですから、通常のエクスレッグスリマーとほぼ同じです。

 

洗濯用ネットを使うべき

 

上記は手洗いの方法ですが、洗濯機での洗浄も可能です。ただしその手段の場合は、ネットに関する注意点があります。
というのも洗濯機ですと、他の洗濯物と絡んでしまう場合があります。それはエクスレッグスリマーを傷付けてしまう原因になるのです。ですからエクスレッグスリマーだけは、他の洗濯物とは分別する方が良いでしょう。やはり洗濯用ネットに入れて洗浄するのが無難です。

 

6着以上準備して毎日1つを1回洗う

 

それと洗濯の頻度ですが、基本的には1週間に1回程度が無難ではあります。ただし、6着以上保有している事が前提になるのです。つまりエクスレッグスリマーを1着だけ保有して、7日に1回だけ洗濯するという意味ではありません。
まず7着ほど準備しておき、それぞれを1日1回ずつ洗浄する事になります。ですから1つのエクスレッグスリマーを着用する頻度は、1週間に1回という事になります。

 

損傷を考慮した洗濯頻度にする

 

なぜ上記のようなやり方にするかと言うと、1つのエクスレッグスリマーを何日も着用し続けると、損傷が大きくなってしまうからです。それでは破けてしまう確率も高まります。
そうではなく、1週間に1回程度の着用頻度が望ましいのです。洗濯も1週間に1回です。

 

日干しでなく陰干しが望ましい

 

それと洗濯と言えば、衣類の乾燥です。それで乾燥する方法は日干しと陰干しがありますが、エクスレッグスリマーは後者が推奨されます。
と言うのも日干しにしてしまいますと、紫外線などの影響により、エクスレッグスリマーに大きな負担が生じてしまうからです。それでエクスレッグスリマーが変色してしまう事は、たまにあります。
ですが陰干しならば、特段に大きな変色もありません。ですから陰干しにするのが良いでしょう。

ナビゲーション